こんにちは! あなたは、 番目のお客様です。


プログレ、メタル、ハードロック、ジャズロック、ブリティッシュポップ... その他ドラマチックで感動できる音楽ならジャンル問わずなんでも愛する ともとも と申します。
大好きなアルバムの紹介(1500枚以上!)やライブレビュー(20公演以上!)がメインですが、 その他の趣味(東京温泉情報など)についてもいろいろ書き込んでます!
基本的に1か月に1回はどこかしら更新するようにしています。


最近はまっているアルバム:

・MY CHAIN/BMX BANDITS(06) 
グラスゴーの最重要ポップ・バンドが バンド結成20周年という節目に発表した傑作。
実は彼らの作品をちゃんと聴くのは今回が初めてなのですが、 想像以上にパールフィッシャーズ(=大好物)だったので驚きました!
もっとギター・ポップ寄りのイメージがあったのですが、 「なんでこんな荒廃した場所に、 こんなにも美しい花が咲いているんだろう?」的な 奇跡的かつ素朴な音に心が洗われる思いがします。
やはり新たに加入したデヴィッド・スコットの手腕が 大きいんですかね。
そうそう、本作のジャケットですが、 どう考えても次作のBEE STINGSのほうが しっくりくる気がするんですが如何でしょうか?


・ZERO ORDER PHASE/JEFF LOOMIS(08) 
ネヴァーモア、アーク・エネミー等の活動で知られる、 超絶ギタリストによる1stソロ作。
あくまでもヘヴィ・メタルに拘りぬいた ギター・インスト作としての理想像といえる内容です。
精密機械のように正確な演奏を見せつけたかと思いきや、 エモーショナルに泣きまくるなど起伏に富んだ内容となっています。
それにしてもジェフで始まるミュージシャンってなにげに凄腕な人が多いですね。 ベック、ポーカロ、バーリンにルーミスですか... (このメンツでバンド組んだら凄そう!(笑))


・ALTER EGO/JOOST MAGLEV(19) 
MAGLEV名義で発表した前作OVERWRITE THE SINが素晴らしかった オランダのアーティストによる待望の新作。
今回も期待どおり...いや、期待以上の一大傑作です!
前回参加したヴァレンタインは今回参加していませんが、 ヴァレンシアやメタル・マジェスティのクラークソン兄弟、 アルイエン・ルカッセン、近年ヴァレンタイン化した ナイト・エリアのマーク・ボガートらの好サポートもあり、 初期ヴァレンタイン+初期ヴァレンシア+初期エイリオン的な (オランダ印2億パーセント的な)楽曲が揃っています。 (ある意味クリス・ドールマン並みのオランダ人脈!)
唯一の難点は効果音的な音飛びフレーズの導入です... 意味があってそうしているのだとは思いますが、 個人的には耳障りでした。


・ATTILA/SAME(70) 
小学生でビートルズにはまった後、 中学生で最初にはまったのがビリー・ジョエルでした。
当時LPを買い集めていて、いつかは買おうと思っていた作品でしたが、 いつの間にか入手困難になってしまい、 長い年月を経てようやく入手できました。 (といいながら、しばらく間違えてスペインのATILA聴いて (こっちもオルガン炸裂)意外とイタリアン・プログレっぽいなぁ...と 思ってました!)
その後のジェントルな姿からは全く想像できないほど 荒れ狂い、尖りまくった若き日のビリーのオルガンとシャウトが強烈です。
オルガン・ロック・マニア必聴の傑作であり、 プログレ名盤紹介に掲載したいと思います。


・NOCTURNE MOONRISE/SAME(14) 
台湾のドラマティック・シンフォ・メタル・バンドによる2nd。
前作の流れを汲む激臭メロディ満載の様式美サウンドで ぐいぐい迫ってきます。
音質や演奏が改善されていないのは残念ですが、 一音一音に気合が入りまくっているので引き込まれます。
表面上は感じられませんが、根底にあるアジアン要素に 日本人魂が共鳴してしまうのかもですね。
MEI-YINGの女性らしい艶やかさ、柔らかさもたまらないです。
このクサさをキープし今後も傑作を残してほしいものです。


・MALINA/LEPROUS(17) 
ノルウェーのプログレ・メタル・バンドの5th。
以前からずっと気になっていたバンドだったので ひとまず「深呼吸して」(←名曲)から聴きましたが、 え、えええ、これレディオヘッドじゃん?! こんな作品をバーンに掲載していいの?! ってぐらいメタル度が低いです!(笑)
いわゆるプログレ・メタルの「プログレ」要素のルーツは、 大抵、イエス、ラッシュ、カンサスあたりになるかと思いますが 彼らはフロイドでしょう。(引きのイメージ)
ペイン・オブ・サルベイションやリバーサイドあたりにも 一部通ずるような、深く深く沈み込むような楽曲群に ずるずると引き込まれ抜け出せなくなります。
ファルセットを多用するヴォーカリストの表現力には 圧倒されっぱなしです。


・LIBERTE CHERIE/PIERRE NICOLAIEFF(14) 
フランスのピアニストによるロマンあふれる ピアノ・インスト〜イージーリスニング作品。
ポール・モーリア、リチャード・クレイダーマンの流れを汲んだ、 あまりにもフランスなメロディ・ラインが 愛しくて切なくて、いてもたってもいられなくなります!
ジョージ・ウィンストン的なところもありますが、 プラハ・フィルハーモニック・オーケストラのサポートのおかげで クサクサ&メロメロになってます。
ついつい韓流恋愛メロドラマのBGMに思わず聴き入ってしまうような クサいもの中毒の患者さんは騙されたと思って 是非チェックしてみてください!



更新履歴 
  (2020.5.28更新)
  更新履歴です。


プログレッシブロック名盤紹介(現在184枚)
  (2020.5.28更新)
  ヨーロッパ以外編に1枚(ATTILA(アメリカ))追加

ライブ・レビュー
  (2006.8.25更新)
  「四人囃子、プロコル・ハルム」を追加

1998年に聴きまくったアルバムBEST10(+7)
  (2001.10.16更新)
1999年に聴きまくったアルバムBEST20(+10)
  (2001.10.16更新)
2000年に聴きまくったアルバムBEST20(+16)
  (2001.10.16更新)
2001年に聴きまくったアルバムBEST30(+26)
  (2002.2.6更新)
2002年に聴きまくったアルバムBEST30(+41)
  (2003.2.3更新)
2003年に聴きまくったアルバムBEST30(+64)
  (2004.3.17更新)
2004年に聴きまくったアルバムBEST30(+47)
  (2005.3.1更新)
2005年に聴きまくったアルバムBEST30(+70)
  (2006.3.1更新)
2006年に聴きまくったアルバムBEST30(+74)
  (2008.2.16更新)
2007年に聴きまくったアルバムBEST30(+59)
  (2008.5.22更新)
2008年に聴きまくったアルバムBEST30(+40)
  (2009.2.14更新)
2009年に聴きまくったアルバムBEST30(+65)
  (2010.2.8更新)
2010年に聴きまくったアルバムBEST30(+62)
  (2011.2.3更新)
2011年に聴きまくったアルバムBEST30(+34)
  (2012.2.18更新)
2012年に聴きまくったアルバムBEST30(+34)
  (2013.3.1更新)
2013年に聴きまくったアルバムBEST30(+27)
  (2014.3.3更新)
2014年に聴きまくったアルバムBEST30(+31)
  (2015.3.15更新)
2015年に聴きまくったアルバムBEST30(+22)
  (2016.2.14更新)
2016年に聴きまくったアルバムBEST30(+18)
  (2017.3.5更新)
2017年に聴きまくったアルバムBEST30(+20)
  (2018.3.3更新)
2018年に聴きまくったアルバムBEST30(+14)
  (2019.2.28更新)
  1998年〜2018年に聴きまくったアルバム(1371枚)をそれぞれ順位付け&紹介しています。

2019年に聴きまくったアルバムBEST30(+50)
  (2020.2.15更新)
  2019年に聴きまくったアルバム(80枚)を順位付け&紹介しています。

今年はまっているアルバム 
  (2020.5.28更新)
  今年に入ってからはまったアルバムを紹介していきます。
  トップページで紹介していたVIRTUEL、TAKEN、NICK FRATER、GLASS HAMMER、HAWAIIAN6、 ASTURIAS、KING'S X、KING OF KINGS、KINGSTON WALL、旺福、ANTO HOED & MELLYを移動しました。


プロフィール・近況 
  (2020.5.28更新)
  近況を更新


東京温泉情報
  (2007.9.29更新)
  東京染井温泉「Sakura」を追加(現在40箇所!)


リンク
  (2019.11.24更新)
  「まりんきょ学問所」を追加


ゲストブック
  (2002.1.9設置)
  旧々ゲストブック(2001.4.6〜2001.11.11)はこちらです。



ご意見、ご感想、ご質問(アルバムやバンドのことなど...)など、 なんでもお気軽にゲストブックにご記入下さい。
  もちろんメールも大歓迎です!
本ページはリンクフリーです。リンクしていただいた際、ゲストブックまたは メールにてご連絡いただけるとうれしいです!



inserted by FC2 system